ミニ株のデメリット

ミニ株の証券会社口コミRANKING

ミニ株は気軽にトレードできる株式である反面、取引コストがかさむなどのデメリットも挙げられます。

ミニ株TOP > デメリット

ミニ株のデメリット

ミニ株は少額から気軽に取引できる株式として、主にトレード初心者から高い人気を誇っています。

また、通常の株式に比べてリスクが少ないこともメリットのひとつに数えられていますが、その反面、ミニ株ならではのデメリットも存在します。

そのうちの1つが取引コストです。

ミニ株は少額で取引できるところがメリットとなっていますが、金額が少額であるぶん、手数料が高くなりやすい傾向にあります。

たとえば1回あたりの取引手数料が200円の証券会社で株価500円、単元株が1000株の銘柄を購入する場合、通常の株式取引では購入額50万円に対し、200円のみの取引手数料が加算されます。

一方、ミニ株の場合、単元株の10分の1単位で売買するため、同じ量だけ取引しようと思うと10回分取引しなければなりません。

取引手数料は取引額ではなく、あくまで取引回数に準じて加算されるため、通常の株式取引に比べて9回分余計に取引手数料がかかることになります。

他にも、指値注文ができなかったり、注文可能時間や購入できる銘柄が限定されているなど、ミニ株限定のデメリットも存在するので注意が必要です。

ただ、銘柄が限定されている点については、取引に慣れていない初心者の場合、逆にメリットになるとも言えるでしょう。

SBI証券

ミニ株よりも機動的な投資が可能! 初心者にも人気の単元未満株 "S株"
www.sbisec.co.jp

カブドットコム証券

手数料無料の商品多数。MUFGの カブコムなら業界屈指の低コスト!
www.kabu.com

大和証券

株式、債券、投資信託、FX、CFD!全国のお店とコールセンターで充実のサポート。
www.daiwa.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ミニ株の初心者ガイド※証券会社比較 All Rights Reserved.